顕微鏡歯科治療とは

顕微鏡歯科治療とは

顕微鏡歯科の特徴・メリット

顕微鏡を使った治療の大きな特徴は、肉眼では見えないものを3倍から30倍程度にまで拡大観察できるということです。

これは何を表すかというと、肉眼や拡大鏡(ルーペ)を用いた治療も顕微鏡を使った治療と治療自体は同じものでも、肉眼では見えないぐらい小さなむし歯を発見すれば初期段階での治療が出来ますし、暗く狭い根管部分(歯の根の部分、神経が入っている管)も、顕微鏡治療では明るく拡大出来ますので、従来のレントゲンを参考にしながら経験と勘を頼りに施す治療とは大きな差が出ます。

その他、肉眼では見えないぐらいの被せ物や詰め物のズレなど不適合部分から入り込んだ菌が、むし歯を発現させているということが少なくありません。歯周病治療、型取り、インプラントなど、歯科治療のあらゆる分野でメリットがあります。

顕微鏡歯科の治療内容

コンポジットレジン修復

コンポジットレジンとは、主に初期から中期のむし歯の治療に用いられるプラスチックの”詰めもの”で、当日中に処置が完了します。

コンポジットレジンは使用しやすい反面、とても繊細な材料で詰め方によって結果に大きな差が出ます。顕微鏡を用いて時間をかけて丁寧に詰めれば、素晴らしい適合性と美しさを兼ね備えた治療になります。

大切なのは、コンポジットレジンを詰める前にむし歯を可能な限り取りきるということです。健康な歯をできるだけ削ることなくむし歯だけを削り取る作業は顕微鏡なしには難しく、特に神経が露出しそうな深いむし歯の場合は結果に大きな差が出ます。

根管治療・歯内治療

根管とは、歯の中の神経(歯髄)が入っている管のことです。ここがむし歯で感染すると、残念ながら神経を取り除かなければなりません。

ところが、神経は取ったものの肝心な感染が取れていない状況が頻発します。根管はとても狭く複雑に入り組んだ形をしていて、簡単に感染を取りきることが出来ないからです。

根管の中は肉眼で見ることができず、一般的にはレントゲンを参考にしながら”経験”と”勘”を頼りに手探りで治療を進めていきます。そうすると見落としが発生し感染源が残こってしまい、再治療になる場合が往々にしてあります。

しかし、顕微鏡で根管内を詳細に観察することが可能になると、感染源の見落としをかなり減らすことができ、細部にまで治療が出来るようになり、治療の成功率は飛躍的に向上しました。

また、根管治療はたいへん細かい器具を使うため、場合によっては器具が折れて歯の中に残ってしまうことがあります。通常、歯の中に残った器具の除去は不可能で、これまでは器具が折れてしまった場合、治療を続けることができませんでした。しかし、顕微鏡で確認しながら折れた器具に超音波振動を与えるといった方法により、破折した器具を除去できるようになり、再治療の道が開かれることが多くなりました。

このように、顕微鏡は根管治療において最も大きな効果を発揮することは明白であり、アメリカでは、根管治療を専門に行う歯科医師を教育する際、顕微鏡の使用が必須となっています。

歯周治療

歯周病は歯の周りに細菌が感染し、歯周ポケットという溝をつくりながら歯を支える骨を徐々に溶かしていく病気です。成人の8割はかかっているといわれる国民病ですが、ほとんどの場合は放置されたまま悪化し、晩年に歯を失う大きな原因となっています。

昔は歯石が原因といわれていましたが、現在では数種類の歯周病原菌がつくる”バイオフィルム”という頑固な薄い膜から染み出る毒素が原因ということが解っています。したがって、治療はこの膜をいかに除去して再発を防ぐかが鍵になります。

ところが、この膜は非常に頑固で薬もほとんど効きません。治療は膜を機械的に掻き出すことが主体となりますが、歯周ポケットが深くなると的確に器具を入れることはできません。

顕微鏡を用いると器具を的確に入れることができるだけでなく、肉眼では見えなかった感染源を見つけて除去できるようになります。さらに、いわゆる歯周病だけではなく、歯の根元が露出してしまった歯肉に別のところから採取した歯肉を移植し、根元をカバーすることも可能になりました。

型取り

虫歯で歯の一部がなくなった場合、型取りをして口の外で人工物をつくり、セメントで歯に装着する治療が行われます。このときに大切なのは、歯をきれいに削り、細部まで正確に型取りすることです。

特に歯肉の中まで精密に型取りをするは難しく、これが不完全だと虫歯の再発や歯肉炎を誘発しやすくなります。

顕微鏡を用いれば、今まで確認が難しかった削り具合の不備や型取り材の流し込み不良が判るようになり、最終的にでき上がってくる人工物の精度が飛躍的に向上します。結果として永く快適に使える人工物を提供できるようになりました。

インプラント

歯が完全になくなってしまった場合、チタン製の人工の歯を直接骨に植え付けるインプラントという治療が有力な選択肢となります。

インプラントは骨の量や位置に問題がなく、内科的に健康な方であればたいへん信頼性の高い治療法であることが解っています。しかし、そのような条件が良い方ばかりとは限らず、手術にはたいへん細かい工夫が必要です。

特に前歯の場合はただ入っているだけではなく、見た目の美しさも重要です。そのため、インプラントを入れる位置を細かく規定したり、歯肉の位置をコントロールしなくてはなりません。

顕微鏡はこれらの細かい操作を容易にし、機能的で見た目に美しいインプラント治療を提供することに貢献します。

予防

顕微鏡を使うのは歯科医師だけではありません。患者さんに歯ブラシの話や歯のクリーニングをする歯科衛生士も使います。

予防の第一歩は、まず患者さんの口の中がいかに汚れているかを見ることから始まります。顕微鏡に付いているビデオカメラにヘッドマウントディスプレイをつなげると、歯にプラークの付いている状態をリアルタイムに説明できます。歯ブラシの使い方やブラッシングのコツも”実況生中継”で見せることができます。

また、歯のクリーニングの際も細かい汚れを効果的に落とすことが可能になり、その後のホワイトニングの効果も高まります。

顕微鏡歯科治療の治療期間と費用

一般に、顕微鏡を使用すると治療時間が長くなる傾向があります。何故なら肉眼による治療では見落とされていたむし歯や被せ物の隙間など小さな病変や不具合が確認できるようになり、よりきめ細かい治療になるからです。逆にいえば「肉眼だけに頼った治療にはいかに不備が多いか」ということです。逆に、今まで原因不明だった症状が、顕微鏡(マイクロスコープ)を使ったことで明らかになり、無駄な時間を使わずに治療が早く終わる場合もあります。

顕微鏡歯科治療の費用は状況によってまちまちで一概にはいえませんが、所要時間やその技術的な難しさから健康保険外の自由診療になることが多くなります。特にコンポジットレジンや根管治療では、日本で一般的に行われている治療の数倍かかることがありますが、「保険制度」という制約のある日本だけの特殊事情でもあります。ただし、顕微鏡を使ったからといって即保険が使えないというわけではありません。担当の歯科医師とよく相談した上で治療を受けるようにしましょう。

歯科医院の選び方

もしあなたが、できるだけ悪くならない信頼性の高い治療を受けたいと思うなら、間違いなく顕微鏡を用いた診療を受けるべきです。

しかし顕微鏡を用いたからといって、必ずしも良い治療が受けられるとは限りません。また、顕微鏡がある歯科医院だからといって、いつも顕微鏡を使って治療しているかといえば、そうではないかもしれません。ですからはっきりと「顕微鏡を使って治療をしてください」と言うことと、できれば治療後に治療内容の動画を見せてもらうことをおすすめします。

顕微鏡歯科ネットワークジャパンでは、認定を受けた歯科医師の治療例を動画で公開し、患者さんが真に治療技術と表現力を持ち合わせた歯科医師を選び出すお手伝いをしています。ぜひ参考にしてください。

顕微鏡歯科治療で注意すべきこと

ここまで書いてきたように、顕微鏡を用いるメリットは計り知れません。

ただ、「よく見える」ということは「やるべきことが増える」ということでもあり、治療時間は今までの数倍にもなる傾向にあります。また顕微鏡歯科治療の設備は高額で、顕微鏡本体はもちろん、特殊な機材も必要です。

これは通常の健康保険で想定されている状況とは著しく異なり、ただでさえ制約の多い健康保険の中で行うことが難しくなります。治療方法やコストは状況により異なるので、担当の先生とよく相談する必要があります。

また「よく見える」ことで、これまで不明だった原因が明らかになることがあります。しかしこれは治療ができる・できないもはっきりするという事で、中には残念なお話しをしなくてはならない事もあります。

しかしこのような場合でも「あやふやだった事が明らかになり、次の一歩を踏み出す足掛かりになった」と前向きに考えていただきたいのです。そして二度と同じようなことを繰り返さないように、顕微鏡を用いた信頼性の高い治療をこれからお受けいただくことをおすすめします。

ご協賛

PAGE TOP