セミナー「夏休みキッズイベント」レポート

8月25日に顕微鏡歯科ネットワークジャパンとして初めて子供向け『キッズイベント』を大井町にある歯科機器メーカーペントロンジャパン研修室をお借りして開催しました。この研修室は日頃、歯科医師が顕微鏡を使ってトレーニングを行なっている場所です。
一般の大人向けセミナーは既に4回を数えましたが、子供向けセミナーは初めて、楽しい企画にするべく何度もミーティングを重ねました。
歯科と言えば子供の頃『言うこときかないと歯医者さんに連れて行くよ』なんて言われた経験のある方もいると思いますが、楽しい場所とは縁遠い所です。
しかし、ある統計によるとアメリカでは最もなりたい職業のNo1になっているくらいです。このイベントでは、歯科医の仕事を知ってもらい、素晴らしい仕事、楽しい仕事、という気持ちに少しでもなって貰いたいと企画しました。

いよいよイベント当日、スタートは14:00からですが我々メンバーは2時間前に開場入りし入念な準備を始めました。しかし小雨の降るあいにくの天気、しかも夏休み最後の日曜日に果たしてどれくらいの子供たちに来てもらえるか不安でした。
開始時刻の少し前に最初の親子がいらっしゃいました。

その元気な男の子を皮切りに、どんどん来場者が増え会場が賑やかになり、最初の不安も一気に吹き飛びます。
来場者は入り口でお名前を記帳して頂いたあと、三橋先生のブースへ。

最初のブースでは我々顕微鏡歯科医が日頃診療で使っている顕微鏡ではどれぐらい大きくして見ているかなど、拡大率の説明のため質問形式で『クマムシ』などのスライドを使い理解を深めます。


次はいよいよ実際に顕微鏡を体験してもらう最初のブースです
櫻井先生担当の『大きくしたらどうなっちゃう?』へ進みます。
観察する物は大根・大葉・人参などカットした野菜、石、貝殻、タツノオトシゴ、塩、お札、などなど。

最初は自分が上手く見えるように顕微鏡を調整します、目と目の間の距離(瞳孔間距離)を合わせる作業など、小さい子には難しいかなと思っていた作業ですが、皆、上手に出来ていました。

さて、実際に拡大して物を見始めると、『塩の粒凄いよ!』や『タツノオトシゴの目って綺麗だね!』など驚きの声と歓声があちらこちらで上がりました。すると、横で見ていた親御さんたちも、どれどれと顕微鏡をのぞき込んでいました。

ご両親にも好評だったのが千円札裏にあるカタカナで書かれた『ニ・ホ・ン』の隠し文字、是非、皆様も拡大して探してみてください。

『大きくしたらどうなっちゃう?』が終わると次はとても小さい鶴を折るブース、岡野先生担当の「小さな『おりがみ』にチャレンジ」です。
実は僕達、顕微鏡歯科医でも1cm角の折り紙で鶴を折るのは難しいことです。最初は30分以上もかかりましたが練習に練習を重ねて20分台で折れるようになりました。
初めてチャレンジをする子供たちがいきなり1cm角で折ることは不可能なので最初は2cm、2cmが折れた子は1.5cmを折ってもらいました。
当初、1cm角を折れる子はいないだろうと話していましたが、なんと1人の女の子が見事折り上げました。真剣な顔で黙々と折り続けた女の子!将来是非、歯科医になって欲しいと思いました。

今度は『ネイル風デコアート』のブース、この担当はわたくし山口です。
前歯と奥歯の模型を石膏で作り、それにネイルで使っているジェルでデコアートをしようという企画です。お察しの通り女の子に大変人気のブースになりました。思い思いの色を塗り、様々なパーツを使ってデコアートを完成していきます。今回唯一芸術系のブースで個性溢れる作品に驚くばかりでした。

実体験ブースの最後は三橋先生担当の『歯科医師体験』。
実際のユニットにマネキンをつけ、歯医者になりきった子供達が治療をします。勿論、一般的な歯科治療のように直接のぞき込んだりせずに、顕微鏡歯科医さながら、小さなミラーに映した歯を顕微鏡で観察してもらいました。
この作業も難しいのですが、多くの子供達がうまく出来た事にビックリしました。
また、お兄ちゃんが顕微鏡で治療をし、弟がアシスタント役で横からバキュームで吸うという微笑ましい光景も見受けられました。
将来この体験をした子供達が顕微鏡歯科医になってくれたらどんなにうれしいでしょう。

一番奥のブースでキッズイベントに参加して頂いた親御さん達に、顕微鏡歯科とはどんなメリットがある治療なのかという話を表先生がしました。

普段、一般向けセミナーでお話している内容を10~15分に凝縮したダイジェスト版ですがお話を聞いて頂いた方からも「歯科において顕微鏡の必要性が良く分かりました」との声をたくさん頂きました。

短い期間で準備も大変でしたが、ペントロンジャパンの皆様のご協力により、大成功に終わったこの企画。
何より子供達が笑顔で楽しみ、真剣に顕微鏡をのぞきながら出来た時の誇らしげな顔を見ていると、僕達主催者もやって良かったと実感しました。
今後の予定は未定ですが、年に2回くらいはキッズイベントも開催出来るようにしたいと思っております。


また、次回一般向け講演会は10月27日ミューザ川崎でPM2:00より開催予定です。今回、顕微鏡歯科治療のダイジェ
ストをお聞きになられ更に詳しく知りたい方は勿論、このコラムをお読みになって顕微鏡歯科にご興味がある方は是非お越し下さい。

関連記事

  1. セミナー「見える治療へのご招待」レポート
  2. それは無いでしょー
  3. 治療を途中にしてはいけません
  4. セミナー「見える治療へのご招待 vol.2」レポート
  5. 手は洗います、たしかに。
  6. 顕微鏡歯科医が治療を受けるとき
  7. 三大激痛(前半)
  8. やはり安心

最近のコラム

ご協賛

PAGE TOP